ごあいさつ

【本会のあゆみ】

大田区鍼灸マッサージ師会は戦後の未だ混乱期、職権職域もバラバラの中、昭和22年に大田区内の三療(はり・灸・按摩マッサージ指圧)の有資格者をもって組織され、大田区鍼灸按摩マッサージ師会として発足しました。

その後東京都鍼灸マッサージ師会の組織発足・法人化に協力し、(社)東京都はりきゅう按摩マッサージ指圧師会大田支部・大田区はりきゅう按摩マッサージ指圧師会となり、昭和38年、当会より鍼灸師のメンバーが大田区鍼灸師会として分離独立していき、大田区内に二つの三療師の業界として、わが会は三療師全ての団体として歩むことになりました。

平成7年に大田区内の高齢者福祉施術サービス事業として両会協力して、大田区三療師協議会を立ち上げ、大田区国保年金課と契約、大田区国保及び後期高齢者の施術割引券取扱を始る運びとなり、現在、当会は(社)東京都鍼灸マッサージ師会を離れ、「大田区鍼灸マッサージ師会」として歩んでいます。

 

【活動・推進】

現在、超高齢社会に突入した我が国において、高齢者が住み慣れた地域で医療・介護・行政など多職種の方々と力を合わせ支えていく『地域包括ケアシステム』のメンバーとして地域社会に貢献し「はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師」という職種を生かした支援活動を推進しております。

また、2020年に開催されます、東京オリンピック・パラリンピックに向けて認定の『鍼灸臨床トレーナー』研修会を毎年開催してます。

今年度は、1都6県と共同開催し、アスリート・大会関係者はじめ、海外の観光客のみな様に、『はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧』の素晴らしい効果を実感して頂くために、各関係団体と協力し推進してまいります。

【毎年恒例のボランテャア】

日頃は、各市区町村の健康フェスティバルや市民・区民祭りなどに参加し、「はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧の無料相談窓口・無料体験コーナー」のほか、「東京マラソン」「としま健康まつり」「高齢者の疾病予防・介護予防」など、地域に根付いたボランティア活動を行っております。

今年度は、各市区町村で『認知症予防講座・オレンジリング』の講座を開催いたします。

【更なる研鑽】

さらに、「はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧」の技術向上を目的に、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者を対象にした講習会や研修会などを毎月開催し、生涯研修として日々の研鑚に努めております。

ここのところ、参加者が急増している地域医療連携講座『診察学』など

今後も、都民の皆様に「はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧」の有効性をアピールし、より健康寿命を延伸する活動に全力で取りくんでまいります。

イベント情報

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る